プロフィール

さおり

Author:さおり
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
まとめ

宝塚雪組LOVE

雪組トップコンビ同時退団公演、友の会もぴあもあれこれハズレ続け(^_^;)、もう無理?と弱気になっていたら・・・

1週間前にお席がとれたとの連絡があり、昨日東京宝塚劇場で観劇!





ちぎみゆ(早霧せいな・咲妃みゆ)コンビ最後の作品、本当に、本当に観劇できてよかったぁ~~~





ミュージカル・コメディ「幕末太陽傳」は1957年の日活映画「幕末太陽傳」をミュージカル化した作品。
舞台の華やかさは宝塚にピッタリだけど、ストーリー的にはどうなのかなぁと思いながらの観劇でした。

最後だから、思いっきり男役で恋愛物を観たい~という思いもあったけど、今までたくさんの和物作品をやってきたちぎちゃんと雪組さんならではの舞台で、笑わせていただき、最後はきゅんと🎵

芸者や女郎の相模屋の最初の場面でミラーボールが回る所は、宝塚ならでは!長年宝塚を観劇しているけど、「おお~、これは宝塚しかできないかも~」とびっくり(//∇//)


ちょうどちぎちゃんが宝塚に入団した年から宝塚観劇が始まり、ハマり、当時大好きだった宙組(和央ようかさん、花總まりさんコンビと水夏希さん)にちぎちゃんもいて、小さな(下級生)の時からちぎちゃんも気になるタカラジェンヌさんでした🎵

そんな親心(親ほど歳は離れていませんが(^_^;)に似た想いもあり、ガラッと雰囲気が変わったショーは、またまたきゅんきゅん❤です。


トップさんコンビとともに退団者が多い今回の舞台。
可愛くて大好きな娘役さん、星乃あんりちゃんも退団です。

男役さんはもちろんかっこよくて、いつもドキドキさせていただいてますが、男役さんに寄り添う娘役さんが素敵だとより目が❤になりますね🎶

雪組さん観劇に行くと、娘役さんは必ず星乃あんりちゃん探しをします🎵 ふんわりと優しい雰囲気のあんりちゃんがキリッとしたイメージで踊る姿にドキドキします!
あ~、宝塚娘役さんのあんりちゃんの観劇も最後なのね~とちょっとウルッとしちゃいます。


そして、これからの雪組さんが楽しみになったのが、サプール(パリ)の場面。
次期トップのだいもん(望海風斗さん)のサプールの男と、次期トップ娘役の真彩希帆ちゃんの絵画の女達や絵の具の精のシーン。

ここ数年、雪組ばかりの観劇で他の組を観ていなかったので(全組観ていた時代もありました\(^o^)/、花組、星組にいた真彩希帆ちゃんをよく知らなかったんです・・・

凄く可愛くて、歌も上手な娘役さんです。 雪組さんへ組み替えになり嬉しい!
次期トップコンビの望海風斗さんと真彩希帆ちゃんも、とても楽しみになりました。

だいもんも花組の小さな(下級生)時から観ていたので、あ~素敵な男役さんになったなぁとまたまた親心❤

地元の全国ツアー「琥珀色の雨に濡れて」は昼夜両公演観劇予定!
今から、ドキドキ💓楽しみです。
今回のお芝居の真彩希帆ちゃんからは、琥珀のシャロン役をどんな風に?と、よく真彩希帆ちゃんを知らない私はピンとこなかったのですが、サプールの場面を観たら、真彩希帆ちゃんのシャロンが物凄く楽しみになり、あ~早く観たい~と、テンションアップ!

ショーを観ながらも色々な想いが交差します(//∇//)

そして、長年の宝塚劇観劇ですが、初めて回る盆でのロケット(ラインダンス)を観ました。
多分、私が観た中では初めて。
今まであったかもしれませんが、わあ、初めて~とちょっと口をポカンと開けて観ていました。 途中入るピルエットも素晴らしかったですね🎵

ちぎちゃん最後の黒燕尾は、ベサメ・ムーチョの曲で。
雪組さんの黒燕尾、素敵です。

そして、泣いてしまったのが、ちぎみゆコンビ最後のデュエットダンス。

別れの曲をちぎちゃんが歌う所から始まります。

みゆちゃんがセリ上がり、二人のダンスが始まると、だいもんの影ソロとなり、だいもんの歌声と二人のダンスで一気にぶわっと涙が・・・

自分でも泣くと思わなくて、ぶわっとという表現がピッタリで、自分でもびっくり。

今、思い出しても涙出てしまうほど、素晴らしいデュエットダンスでした✨

お友達ペインターのゆみさんを通して知った陽向春輝さんの活躍もしっかり観てきました。

公演ごとに素敵な男役さんになっていく姿が、これから楽しみです。


以前のように、たくさんの組を観ることがなかなかできなくなったけど、これからも夢を与えてくれる宝塚を愛して、私もペイント頑張ります~\(^o^)/










日比谷シャンテの衣装展示も楽しんできました🎵


久しぶりにすごーく長いblogになりましたね。
一人観劇は、帰りにこの想いを語り合うことができないのがちょっと寂しいですね。

読んでくださりありがとうございました(*´∇`*)
スポンサーサイト
 | ホーム |  page top